1年目のネットブック
ネットブックというカテゴリーのPCを使い始めたのは去年の秋ごろだった。
最初にEeePC901-X、それからおなじく4G-X、さらに900HAという具合に3台。
ネットブックというカテゴリーの製品の登場は衝撃的だった。価格訴求ばかりでなく製品概念も新しかった。最初はきわものだと思えて敬遠していたけれども、やがて市場がその影響力に押されて変わっていった。
それまでノートPCというのは高価なものだといわれて納得していたのが、実はそうではなかったことがわかってくるのは一種のカタルシスだった。
実際に使ってみると画面の大きさ、キーボードの品質、処理能力などに限界が見えたが、いずれもすぐに鳴れた。ノートPCを文房具だと考えるならこれで十分。主な用途は文章を書くこととウェブを見ることで、ほとんどそればかりに使った。現在主に使っている901-Xは長時間のバッテリー駆動と可搬性が高く評価できる。
このあいだ901-Xのキーボードがこわれた。市販のキーボードで交換に使えるという情報のあったのを買ってみたがキーボードとPC本体をつなぐフィルム基盤の形状がかわったのか接続できず、結局4G-Xのキーボードをはずしてとりかえた。そのため現在は4G-Xはキーボードを探している状態だ。
OSの入れ替えが気楽にできるのも製品特徴のひとつだ。もともとデータをためこむようなタイプのマシンではなく、こわれてもかまわないという気分で扱えるのが楽しい。私の場合は4G-XをUbuntuマシンにし、901-XはUbuntuとWindowsXPのデュアルブートにしてある。
ソフトウェア環境はWindowsについては基本的にポータブルなものを使い、SDカードスロットにさした16GBのSDカードと外付けの小型SSD(16GB)にアプリを入れている。
小型PCとしては完全に手になじみ、持ち歩くことも多い。
市場の中心は8.9インチの画面を持つタイプから10インチ以上のタイプに移行しているけれども、この8.9インチ型で薄型・長時間駆動の製品が出てこないか待っているところだ。
[PR]
by hatano_naoki | 2009-10-27 08:18 | ネットとデジモノ
<< Android on S11H... 修道女、1898年 >>