b-mobile WiFi (2)
d0059961_1912742.jpgきょう一日、b-mobile WiFiを持ち歩いてみた。相方はe-mobileのS11HT、ASUSのEeePC 901-Xなど。
まず複数のデバイスから利用できるのは、当たり前だが実に快適だ。持ち歩きするデバイスとしては大きさ重さがまったく気にならない。いくらか発熱するが許容できる範囲。電源ボタンがちょっとヤワに感じられ、最初にこわれそうな気がする。ここは頑丈に作ってほしかった。きょう体は光沢があってきれいだが指紋が気になる。
やはり300kbpsの壁は大きく、ウェブでもっさり感がぬぐえない。このあたりは個人差が大きいとは思う。これだけ安い常時接続が可能だというメリットを評価できないか、コストと性能の関係を考えずに要求ばかりが大きいタイプだと耐えられないだろう。わたしはOK。
ひとことでいえばテキスト用。ブログやTwitter程度がもっとも向いている。逆にいうと外でブログを書き、Twitterでつぶやきつづけるのには最適な環境を提供してくれる。
つまり安いからという理由で選ぶと失敗するだろう。
個人的には自由の快適さを味わっていて、これが最大の評価すべきポイントだ。自由とは2年しばりがないこと、SIMロックフリーなこと、接続時間に制限がないこと。唯一の制約は上限300kbpsということで、ここが許せなければこの製品を買う意味はない。
それと、日本通信を評価しているということがある。こういうしくみは誰かがはじめなければならないが、守るべきもののおおすぎる大きな会社はやるはずがない。そこにいくと日本通信は「果敢」という表現がぴったりする。
というようなわけで、ただ安いから買った使ったということとはずいぶんちがう。ひさしぶりに爽快な買い物。
[PR]
by hatano_naoki | 2010-05-26 19:01 | ネットとデジモノ
<< 書籍版『沖縄勉強ノート』(仮題... b-mobile WiFi >>