Blackberry bold 9000 その後
d0059961_19432876.jpgBlackberry bold 9000 をつかいはじめて一週間ほど経った。
運用にあたってはb-mobileのWiFiルーター、補助電源としてeneloop mobile booster、それにSONY ERICSSONのbluetoothヘッドセットMW600 と組み合わせている。

なかなか使いやすい。もう手になじんだかんじがする。
これまでにインストールしたアプリは、
Gmail, Google sync, Google Mobile App:
Google関連のアプリ。メールとアドレス帳の同期は予想どおり使いやすい。
Uber Twitter, Twitter for Blackberry:
Twitterアプリ。Twitterも予想通りのつかいやすさ。読むのはTwitter for Blackberry、書くのはUber Twitterがいいようだ。
EBberry:
EPWINGデータのビューワー。Wikipedia日本語版をオフラインで見るのに使っている。それにWorld Factbook、英和・和英辞書のEDICT2、などを入れた。あとは広辞苑のEPWING版がほしい。
FileScout:
ファイラー。
BlackberryZ2me:
zcodeファイルの実行用。いまのところはMINIZORKが動いている。
BBNotePad:
メモ帳。
Viigo:
RSSリーダー。
Capture It:
キャプチャーソフト。

使い道としてはメールとTwitterが中心で、使っている感覚としてはちいさなPCというかんじがする。
その反映として、PCに向かう時間が減っている。最大の要因は小さいが打ちやすいキーボードと、Googleが提供しているいわゆるクラウド的なデータ共有環境で、このどちらもなかなか心地よい。
iPhoneやAndroidとくらべると地味で面白みに欠けるようにみえるBlackberryだが、自分としては十分におもしろいし、実に便利な道具だ。率直にいって、この面白さ便利さを理解できないようにみえる日本の市場は不幸だと思う。
しかし現実には携帯からハードウェアのキーボードは消えつつあり、Blackberryのシェアはすこしずつ落ちていくだろう。まあ他人はどうでもいい。
[PR]
by hatano_naoki | 2010-07-04 14:19 | ネットとデジモノ
<< Blackberry bold... Blackberry bold... >>