Blackberry bold 9000 その後(2)
最新のblackberryの仕様をみると、タッチパネルのついた大きな液晶画面という時代のトレンドに抵抗できずに妥協を試みているのが如実にわかる。
いまとなっては小さな画面にフルキーボードつきのストレート型端末というblackberryの特徴が維持できなくなりつつあるようだ。
しかし一ユーザーとしては現在の9000/9700といったラインは完成度が高い枯れたデバイスの良さがあって、ほかのデバイスと比べるのではなくてこのデバイスの良さを楽しめばいいという気分だ。
実際、PCに触れる時間が激減するほど実用性がたかい。
blackberryにはiPhoneやAndroidのような世界のひろがりはないけれども、普通にやりたいことのほとんどが快適に処理できる。特にテキストの扱いはスムーズだ。
特にgmail、Twitter、Word Pressで構築したblogとの連携は快適そのもの。
問題点としては、しばしば指摘されているけれども、アプリケーションメモリの不足がある。特にサードパーティ製のアプリをいれると顕著になるようだ。それでアプリを標準でインストール済のもふくめてだいぶ削除した。このあたりはパソコン的だ。
日常の運用は外出時にはb-mobileの WiFiルーターで接続している。家でもWiFi接続している。3Gは切っていることが多い。WiFiでかなりのことができる。メールとウェブはWiFiでOK。gmailアプリ、MapアプリをつかわないかぎりほとんどWiFiで運用できる。そういう運用そのものもおもしろい。
[PR]
by hatano_naoki | 2010-07-19 18:53 | ネットとデジモノ
<< ミスド Blackberry bold... >>