WiMAXとWi2 300
WiMAXをつかいはじめて半年以上がすぎた。
導入前は、はっきりいってそれほど期待はしていなかった。サービスエリアが狭いという印象があったし、無線特有の不安定さも気になった。
しばらく使ってみて、結果としては満足している。速度はばらつきがあるが、おそくて困ったということはない。主に都内で接続しているのでつながらないという場面にはほとんど遭遇しない。仮につながらなければあきらめるというスタンスだ。
使ってみてかんじるWiMAXの最大のメリットは、いろんな意味でのしばりが弱いこと。
契約期間のしばりは、わたしの場合は1年しばりにしてあるが、これは納得できる範囲。そこそこ速度が出て、データ量の上限を気にしないで済むのも精神的にもいい。それと料金と速度のバランスをかんがえると現時点ではいい選択だと思う。
3月にDoCoMoがはじめる128Kbpsのサービスがなんとか使えるようならばWiMAXと組み合わせて使うのもおもしろそうだ。
最近は公衆無線LANサービス、Wi2 300(ワイツー)も使っている。
インターネットラジオが(混んでいるとき以外は)ほぼ聴けるのがなかなか便利だ。
現在は外ではBlackberryとiPodTouchの組みわせだが、いい具合に分業になっている。
[PR]
by hatano_naoki | 2012-01-19 06:58 | ネットとデジモノ
<< ニキシー管の幻惑 書籍版『沖縄勉強ノート』(仮題... >>