3ヵ月目のWX310K
WILLCOMのWX310Kを使いはじめて3ヶ月目に入った。
使い勝手はおおむね良好である。
通話、メール、入力関係はいずれも合格。
カメラはモノクロでしか使わない。これはカラーモードがひどいこともあるが、モノクロのチープな感じが実にいい。最近のブログに載せる写真はほとんどがこれで撮ったものだ。Nikon D200/Ricoh GR digital/WX310Kラインナップをそろえるのが理想なのだが。
動画はほとんど撮らないが、これもなかなかいい。これでモノクロのショートムービーでも作ったら楽しいだろう。
データストレージとしての能力も満足している。USB接続のストレージクラスというのは利便性が高い。実際、外でノートPCを使うときのデータバックアップに使っている。
画像ビューワーとしての能力はかなりのものだ。切り取った地図データを格納したり、写真帳としても使っている。pdfデータもいくつか入れているがなんとか実用になる。自分がよく参照するデータの置き場所としては理想的だ。
電卓機能も頻繁に使用。
Bluetoothは使っていない。Bluetoothキーボードが接続できれば最高なのだが。
あとは音楽プレーヤーが使えるようになればいうことはない。
あえていうならボイスレコーダーが欲しい。短い音のクリップが気楽に録れたら面白いだろう。現状ではムービーの音声部分を使うしかないが、それはそれで面白いかもしれない。
miniSDへのアクセスがやはりちょっと遅い。カメラの画質もうちょっと。
フォトライトがワンタッチで点灯できたら便利。
きょう体をもう少し薄く、軽量化。ヒンジ部のグラグラが不愉快。電源まわり強化か消費電力低減。

d0059961_8302696.jpgこういう機械を使っているといわゆるPDAの衰退の理由がよくわかる。個人レベルでは携帯で十分なのだ。個人の情報管理など幻想に限りなく近い。
私のニーズは出先でのちょっとした(あるいはかなり長い)文章を小さな機械で書くことなのだが、これだけはいまだに満たされていない。簡単にいうとstowawayのbluetoothキーボードをつないで書ける小型端末が欲しいのだ。現時点ではWindows MobileのPDAがそれにあたるが、大きさ・重さ・値段で二の足を踏む。しかし携帯にHIDプロファイルが入る可能性はきわめて低いだろう。あるいは、ワンセグ+bluetoothキーボード接続のニーズを満たす機械があれば、買ってしまうかもしれない。

(写真:stowaway bluetooth keyboard)
[PR]
by hatano_naoki | 2006-02-08 22:56 | ネットとデジモノ
<< 二冊の本 沖縄勉強ノート(36)南洋道問題 >>