立花隆、ライブドア事件を語る
ビデオニュース・ドットコムというインターネット放送局がある。
このサイトにある番組のひとつに、日本外国人特派員協会での立花隆のスピーチ(2006年2月3日付)がある。その中でライブドア事件に言及した彼は、エイチエス証券副社長の那覇での謎の死についてそれが他殺であること、殺害はプロの仕事であること、この事件に闇の世界が深く関わっていることを指摘していた。
注目すべき指摘だと思う。立花にそれ相当の情報があり、確証があるということだろう。
彼はまたホリエモンは闇社会とかかわりがあったとも述べている。

エイチエス証券副社長の自殺を聞いたとき、多くのひとが直感的に他殺だと思ったことだろう。それは根拠のない憶測だったわけだが、私をふくむ大衆の憶測を一蹴するのはときとして危険だ。
不思議なことが多かった。
まず奇妙に感じたのは、収入もあり一定の社会的地位もある人物がわざわざカプセルホテルに泊まったことだった。那覇には高級ホテルから安宿まであるが、カプセルホテルはひとつしかない。選ぶ理由があったはずだ。しかも以前にも来たことがあるという。
救急隊が駆けつけたときの状況も腑に落ちない。深い傷を負っていたというが、多くの人は自殺ならばそこまで自分を傷つけることができるのかと疑った。
大衆としての私はこの事件が結局うやむやになると予感している。なにかいかがわしいことが起きていて、その解明が行われているが、なんとなく動きが鈍い。解明に気が進まないような空気があるようにも感じる。これも憶測だ。
エイチエス証券副社長の死が巨大な悪の波頭にすぎないことが分かりかけて、そのあと波は大海に戻ってゆく。そういう気がする。
ホリエモンは"大成功"を収めたにせよ、単なるお調子者だと思っていたが、実は想像を超えるほどどす黒く醜悪だったようだ。ライブドア事件がだんだん怖くなってくる。

[ビデオニュース・ドットコム]
ビデオビデオジャーナリスト神保哲生が1999年11月に立ち上げたニュース専門のインターネット放送局。広告に依存しない報道を目指すとしている。
[PR]
by hatano_naoki | 2006-02-18 08:23 | 日日
<< grafiti 沖縄勉強ノート(40)下地島空港 >>