4ヶ月目のWX310K
WX310Kを使い始めて4ヶ月が終わろうとしている。
先月ミュージックプレーヤーがリリースされて機能的には"完成"したことになる。
最近の使い方。ビデオクリップを10本ほど入れた。320×240pixelで見ることはできないから半ばあきらめていたのだが、けっこう善戦している。見るに耐える。ただしソースの画質はいいに限るようだ。
音楽は20曲ほど。音楽がないと生きていけない性格ではないので、これで十分。あとはときどき入れ替えていけばいい。音に関しては、入れたのは音楽だけではない。カンボジアで録った生の音を入れた。著名な文化人類学者のインタビューも入れた。結果としては、mp3プレーヤーとして十分な性能を持っているし、スピーカーの性能がいいのでイヤホンなしに聴くことさえできるのがいい。
現在のところ使っていないのはBluetoothだけだが、いずれは使うつもりでいる。
内蔵カメラはファームウエアのバージョンが上がって画質も色再現性も改善された。しかし今のところモノクロで撮っている。あいかわらずこのブログのほとんどはWX310Kのカメラで撮ったものだ。
オペラブラウザは頻繁に使い、レスポンスも含めてほぼ満足している。特にGoogle検索が実用的だ。
ムービーの撮影はほとんどしていないが、テレビ画面のじか撮りは数分なら実用になる。
いまのところ、欲しい機能はキーボードを接続しての長文入力、ボイスレコーダー機能、FMラジオの3つ。これらはこの端末では無理なのは分かっているのだが。
[PR]
by hatano_naoki | 2006-03-23 20:15 | ネットとデジモノ
<< 渋谷駅前 四葉のクローバー >>