朴正熈(パク・チョンヒ)の時代
d0059961_21323450.jpg朴正熈(パク・チョンヒ)とその時代について少し調べようと思っている。
なぜなら、私自身がはじめて体験した海外は朴正熈の支配していた1970年代の韓国であり、またその後の韓国への旅の中で、ここには書かないが、ある特異ともいえる体験をしているからだ。ずいぶん以前、その体験を文章にまとめたが長いあいだ行方不明になっていて、最近になって偶然に発見したのだった。データはすでになく、残っていたプリントアウトをスキャナーで読み、OCRソフトでデータ化した。それは実体験をベースにしたノンフィクションであって、発表することを目的にしてはいなかったが、すでに30年近くが経ち、公開しても問題がないように思われてきた。
そこで時代背景について自分としてしっかり理解したうえで、100枚とちょっとのこの小品を少しまともなノンフィクションに仕上げる努力をしてみたいと思ったわけである。
私の中には朴正熈という人物の恐怖がいまだに生きている。自分の個人的な記憶と現代史とを結びつけて、私があのときどんな状況にいたのかを確かめ、自分の生きていた時代というものを見晴かしてみたいのだ。
このように最近のマイブームは自分の記憶を歴史と重ねあわせることで、ある程度年をとったからできる遊びであり、寿命と引き換えに譲ってもらえる資本みたいなものでもある。これを元手に少し書いてみようかと思っている。
韓国での朴正熈の評価はいまだ定まっていないようで、最近出た「朴正煕(パク・チョンヒ)、最後の一日 韓国の歴史を変えた銃声 」(趙甲済、裴淵弘著) ではかなり好意的に描かれている印象を受けた。一方で最近提出された「親日反民族行為真相究明特別法改正案」は朴正煕も調査対象となるため、野党ハンナラ党の代表で元大統領の娘である朴槿恵(パク・クネ)の追い落としを狙っているという指摘もある。
私の記憶は、歴史とのかかわりの中で検証してみるとなかなか面白い。たとえば私がはじめて韓国に行った1972年には茅葺の農家を見かけたが、次に行った1978年にはほとんど見ることができなくなっていた。こうした変貌の原動力となったセマウル運動は1970年にはじまり、70年代を通じて推進されてゆく。私が目撃したのは正にセマウルの過程であったのだ。
[PR]
by hatano_naoki | 2006-05-30 21:04 | 日日
<< 「カンボジアわが愛」と「カンボ... 本の企画:「那覇からの十二の手紙」 >>