International Klein Blue
d0059961_69452.jpg突然だがイヴ・クライン(Yves Klein)である。この作家の作り出した色であるInternational Klein Blue(IKB)については以前からなんとなく見聞きしてはいたが特に深い興味を持つこともなかった。それがなぜだか急に関心が頭をもたげてきた。特に作家の代表作のひとつである「青いヴィーナス」(Blue Venus)が気になる。日本では富山県立近代美術館大原美術館で見られる。ベネッセアートサイト直島のベネッセハウスにも展示があるというので、行くとすればここかもしれない。
いずれにしてもこの青の深さを肉眼でしっかりと確かめたことはないのでそれを是非したいのだが、富山も倉敷も直島も遠い。で、IKBの染料を買ってみようかとも思っている。値段は1,680円だそうだ。それにしてもこの青は、世界をこれ一色で染めてみたいと思わせるいい色だ。

d0059961_11273495.jpg「青いヴィーナス」についての解説(徳島県立近代美術館)
Yves Kleinについての情報いろいろ(BLUE HEAVEN)
イヴ・クラインの略歴・国内で見られる主な絵画・所蔵品(ピースフル・アート・ランドびそう)
[PR]
by hatano_naoki | 2006-06-16 06:21 | 日日
<< 第13回カンボジア勉強会 カンボジア情報センター? >>