デジタルペンとbluetoothキーボード
d0059961_062329.jpg買ってから一年ちかく使っていなかったMotorola M1000だが、ここに来て俄然活用する気になってきた。そのきっかけは、リュードが専用のbluetoothキーボードを発売するというニュースだった。M1000ではStowawayのbluetoothキーボードと組み合わせてちょっとした文章を書きたいと思っていたのだが、日本語入力ができないことが判明してこの計画はぽしゃってしまった。しかしリュードのbluetoothキーボードがあればM1000をメモを書く機械にするというプランが実現する。さっそく先行予約した。
もうひとつは、NOKIAのデジタルペンSU-1Bがだいぶ安く入手できるようになったことだ。以前は3万数千円もしてちょっと二の足を踏んだが、半額近くに落ちている。これには次世代モデルが発表されたことが影響しているのだろう。海外通販でフラフラと発注してしまった。デジタルペンを注文したあとで、これを何に使おうかと考えている。専用の用紙は高価だし、ボールペンとしての使い勝手はたぶんよくない。日常のメモには向かない気がする。そこでこれをblogの入力ツールとして使ったらどうかと考えた。つまり絵日記とか図解入り記事に使うのだ。
これでM1000は一挙に復活しそうだ。デジタルペンはあと数日、bluetoothキーボードはたぶん1週間くらいで入手できるだろう。
[PR]
by hatano_naoki | 2006-07-03 00:06 | ネットとデジモノ
<< カルティエ現代美術財団コレクション展 北京発ラサ行特急 >>