M1000とbluetoothキーボード
おとといリュードのbluetoothキーボードが届き、Motorola M1000との組み合わせで使い始めた。キータッチもレスポンスも良好で、入力はかなり快適だ。キーボードそのものはちょっとヤワな感じもするが、実用上は十分だろう。一方M1000の画面はそこそこ大きいし表示される文字も思ったよりも読みやすい。この組み合わせで持ち歩くのはなんの負担もない。昔のOASYS POCKETの時代が再現できるかもしれないし、キーボードの質からいえばそれを上回る環境になる可能性もある。
d0059961_19521575.jpgところで気になるのは最近発表されたW-ZERO3[es]だ。画面の大きさはM1000とほぼ同じ2.8インチだがこちらはVGAだし、機能的にも上だ。これと適当な外付けキーボードを組み合わせてみたい。ただ、そのきょう体の大きさはちょっといただけない。はやく実物を見てみたいものだ。

写真:W-ZERO3[es]
[PR]
by hatano_naoki | 2006-07-07 18:36 | ネットとデジモノ
<< 注釈を書く はじめてのデジタルペン(2) >>