ケイタイ選び
最近は持って歩くのはWILLCOMのPHS(WX310K)ばかりで、ケイタイ(ドコモのモトローラM1000)は家に置いたままという状態である。M1000は結局は私には活用がむずかしい機械だったようだ。PHSも新しいモデルが出てきそうだが、とりあえずケイタイを新しくしたいと思い、物色をはじめた。MNPの時代なので選択肢はいろいろある。たとえばauのフルスペックケイタイ、W43Hはワンセグにも対応しているし、機能てんこ盛りで遊べそうだ。しかし重くて大きいケイタイに飽きたという気分もある。むしろシンプルで軽く小さい端末が欲しいという気もする。たとえばドコモのSIMPURE Nは魅力的だ。通話とメール以外ほとんどなにもできないが、サイズの魅力が上回っている。44×92×19.2ミリ、体積約69cc、重さ約95グラムはすごい。
d0059961_1651073.jpg実際のところ、通話、メール、ウェブ、カメラ、USBマスストレージ、音楽プレーヤー、ムービープレーヤーといった機能はPHSにまかせればいい。ケイタイはPHSのサービスエリア外での通話とPHSの番号を知らない相手からかかってくる電話のPHSへの転送ができればいい。ケイタイに期待するものはほとんどないわけだ。今使っているWX310Kにはいろいろな機能がついているが、大半はなくともなんとかなる。もっとも活用しているのはメール、次いでウェブの閲覧、それもgoogle検索だろうか。これにはどれくらい救われたかわからない。ようするに通話、メール、google検索ができればOKといえるわけだ。
[PR]
by hatano_naoki | 2006-11-12 16:39 | ネットとデジモノ
<< 「アンコール遺跡を楽しむ」改訂... PCM録音のできるICレコーダー >>