思考の星雲(1)
d0059961_2038546.jpg私の内部にある思考のメカニズムを考えてみると、その始まりにあるひとつの類型は、星を生み出す馬頭星雲(the horsehead nebula)のような混沌とした状態だ。
こうした混沌は時間が経って収斂していけばそれなりにまとまった、首尾一貫したアイデアや一連の小さな論理になるかもしれないが、そのスタートの状態というのはぼやっとしたキーワードらしきものの羅列であったり、訴えたいあるものが怒りの姿をとっていたり、あるいは悲しみのかたちをとっていたり、なんらかの図形、色、あるいは風景といったビジュアルなものであったり、ようするに明確なすがたを持っていない。
私にとっては、思考のはじまりは多くの場合、ある種の感情として現れる。その感情には由来と意味があるはずだ。そこでそれらを探す旅に出る。論理的に降りてゆく。すると自分の感情の原因とそこから引き出されるある思考の原型が見えてくる。
こうしていくらか冷静に自分の思考回路を"ドライブ"してゆくと、その先にようやく他人に説明してそれなりに納得してもらえるかもしれない思考の(暫定的な)結論が見えてくるわけだ。ただし、個人的な見解だが、こういうプロセスから吐き出されたひとまとまりの思考にはいささか鮮度が失われている。自分としては原初的な星雲状態に近い思考が好きなのだ。そうした思考は論理としても表現としても稚拙であり、他者への伝達力も低いが、自分の感情には近く、私を触発してそれらのことばを生み出すにいたった源に距離的に近い。つまり生々しい。
ところで、こういう"思考の星雲"を心の中にとどめておくか、自分なりに自分の内部において洗練していくか、また文字や話し言葉をふくむなんらかの方法で表現するかは、そのひとの思考にとって分かれ道になるように思う。私にとっては、直接的であれ間接的であれ、なんらかの表現を通じて"思考の星雲"を自分の心の中の定位置からなるべく早めに切り離す方法をとってきた。つまり、表現することは"思考の星雲"を自分から切り離して旅に出してやることを意味する。その次にはある程度客観視できるようになった"思考の星雲"をあれこれひねくりまわして、それが何を意味しているのかを考える。
私は多くの場合、短い文章をインターネット上に書き留める(つまり自分の内部にある、自分と癒着した表現から他者の視線にさらされるであろう場であるインターネット上に投げ出す)ことによって"思考の星雲"を意識的にも自分から切り離してきたけれども、短い文章を書き留めるという作業がそこで終わるなら私にとってはたいした意味を持たない。その先が、つまり断片的なアイデアや思考のかけらをジグソーパズルのように組み合わせて、もっと大きな何物かを組み立てていくことが、私にとってはもっと大切なことのようなのだ。
感情の行方が私の未来を指し示し、論理がそれを正当化しようとして追いかける。いくつもの矛盾をふくむ多様な思考の全体が、私に豊かさを感じさせ、自分が生きていると感じさせる。

写真:星のゆりかご、馬頭星雲。copyright: NASA and STScI
素晴らしい写真だ。
[PR]
by hatano_naoki | 2007-01-31 20:08 | 日日
<< 沖縄勉強ノート(107)奈良原繁 HP電卓 >>