今年何をするか(書くか)
今年何をするか(書くか)をあれこれ考えていて、だいたい次のような計画を立てた。

1)「アンコール遺跡を楽しむ」の改版
2)写真集「よみがえるアプサラ」(仮題)の制作
3)写真+文の本、「アンコール 造形とイメージ」の制作
4)「オンライン作品集」(仮題、私家版)の制作
5)「旅の記憶」(仮題、私家版)の制作
6)「神々は那覇の細部に宿る」(仮題)の執筆をはじめる
7)「カンボジア・ノートIII」のための取材をはじめる
8)ヴェネツィアの勉強を始める

「アンコール遺跡を楽しむ」の改版は、執筆後にだいぶ時間が経過したのでアップデートするのが目的だ。4月末頃までに書き終えるのが目標。
写真集「よみがえるアプサラ」(仮題)は舞踊家、写真家との3人チームでの制作。3月以降に本格化していくだろう。当面、構成の検討、カンボジア現地での撮影以外の部分の撮影から始める見通しだ。年内に本にするのが目標だ。
写真+文の本、「アンコール 造形とイメージ」は、構想自体は以前から持っていたのだが、少し進めてみようと思う。これまでに撮った写真のストックの"有効活用"という側面もある。写真集の商業出版はきわめてむずかしいが、トライしてみようという考えだ。そもそもデジタルフォトをウェブ制作の材料に使ってはきたもののプリントアウトしたことがほぼ皆無だった私は、自分としてはいくらか丁寧に印刷した数枚のモノクロ写真を見て写真集という形式もいいものだと改めて感じたのだった。私家版にすると百数十万円という金額がかかるので出してくれる出版社を探すしかない。写真だけでなく、その写真に関連した短い文章も巻末に追加する形式はどうだろうかと考えている。掲載する写真は100枚程度を想定している。主なテーマはタイトル通りアンコールの造形であり、典型的なアンコールの光景をもふくむものにしたい。これも目標は年内の出版だ。
1980年代の終わりからこれまでにネット上で書いてきた雑文をまとめておきたいとは、これもずっと以前から考えてきたことだ。ここへきて、とりあえず(卒論のように)数冊を手作りで作ったらどうかと思い始めた。パソコン通信時代にオンライン上で発表したエッセイなどをまとめた本「オンライン作品集」(仮題、私家版)がそれである。四六判、二段組で500ページを越える見通しだ。
「旅の記憶」(仮題、私家版)は私の最初の"出版物"である「ここでさよなら地球は林檎」、未発表の「韓国への短い旅」、それに(原稿が見つかれば)インドからヨーロッパへの旅の記録をあわせて一冊にしたい。こちらは全体で300枚程度だろうか。
私家版の本は、おそらく自分で紙を選び、プリンターで印刷して、製本だけを業者に頼むことになる。1冊あたりの製本単価は5,000円程度。Wordでテスト版を作ってみたが、紙さえ適当なものを選べばそこそこ本の雰囲気を持ったページになる。考えてみると、手元にあるさまざまな紙を装丁して本のかたちにして整理するというのはいい考えかもしれない。
「神々は那覇の細部に宿る」」(仮題)は、これまでの沖縄についての勉強を下敷きにしたカテゴリー不明の雑文だが、出版目標は2008年として準備を進め、一部は書き始めることにしたい。内容もスタイルも決まっていないが、那覇という都市を主人公とする本にしたらどうかと漠然と考えている。
「カンボジア・ノートIII」は現代カンボジア社会をテーマとする、私としては"意欲的"な本だ。この本も2008年出版が目標だが、取材と調査を今年からはじめるつもりだ。
「アンコール 造形とイメージ」については「カンボジア・ノート」のシリーズの中で写真編として位置づけるというアイデアもある。そしてその延長上でカンボジアに残る植民地時代の建築物の写真集、カンボジアの日常生活を記録した写真集、ポル・ポトの"遺跡"の写真集なども構想できそうだ。
ヴェネツィアをテーマとする本は2009年。まだ夢の領域にあるが、勉強をはじめることにしたい。
[PR]
by hatano_naoki | 2007-02-27 07:09 | 日日
<< モノクロプリント ちょっとVenezia >>