PA001便のこと(1974)
書店をさまよっていたら『AIRLINE』という月刊誌の特集が目に入った。
『栄光の001便物語』というタイトルがついている。それで思い出したのは、私も001便に思い出があるということだ。
私が乗ったのはパンナムのPA001便で、羽田からデリーまでだった。1974年秋のことである。夕刻に飛び立って、途中、香港とバンコクに降りた。
機中の様子はよくおぼえている。私の席は機体の後寄りで機首に向かって左の窓際だった。乗客はごくわずかでがら空きの状態だった。機体が滑走路を離れるとき、反対側の窓際にいた若い白人の男女がキスをするのが見えた。私から近い席にはアジア系の若い男が緊張した様子で座っていた。白人の体の大きなスチュワーデス(当時はスチュワーデスだった)が彼に「お前はどこの国の人間でどこに行くのか」というようなことを横柄な態度で聞いていた。
その2年前に韓国に行ったのが私のはじめての海外旅行だったが、パンナムのPA001便での出発は海外ひとり旅のはじまりであり、またはじめての国際線で、はじめてのジェット機でもあった。私の機体はジャンボだったが、ジャンボはすでに1970年から就航しており、すでにめずらしいものではなかったはずだ。
1974年という年は海外旅行の自由化から10年目であり、海外に旅行した日本人はおよそ233万5千人。ちなみに自由化初年度の1964年には12万7千人、私がはじめて海外に出た1972年には139万2千人。この年、海外旅行者がはじめて100万人を越えた。2005年には1740万3千人に達する(JATAによる)。つまり1974年は日本人の"大航海時代"が本格化しはじめた時期だといっていいだろう。成田はまだ開港していない(1978年開港)。
d0059961_10413857.jpg私が乗った1974年の時点ではパンアメリカン航空(Pan American World Airways)は長い歴史を持つ大きくて有名な航空会社であり、アメリカのナショナルフラッグの風格を感じさせた。会社の設立は1927年。最初の路線はキーウェスト~ハバナ線だったという。映画"2001: A Space Odyssey"(スタンリー・キューブリック監督。1968年。邦題『2001年宇宙の旅』)ではスペースシャトルにパンナムのマークが描かれていた。その後経営が悪化したパンナムは1985年に日本から撤退、1991年に消滅する。
私はPA001便を選んだわけではない。インドに行くために安い航空券を探し、貸し机ひとつで営業している怪しげな旅行代理店から買ったのがたまたまパンナムだったのだ。料金はたしか21万円。当時、安売り航空券はそれほど一般的ではなかったようで、これでも安かったのだ。その結果、私はわずかに残った300ドル(当時のレートで約9万円)を持って旅に出ることになった。
PA001便の001便たる所以は、世界一周便であったからだろう。パンナムが世界一周便(westboundが001便、eastboundが002便)の運行を開始したのは1947年のことで、その路線はwestboundの場合ニューヨークからはじまってサンフランシスコ、ホノルル、ウェーク島、東京、上海、マニラ、バンコク、カルカッタ、イスタンブール、ロンドンを経由してニューヨークに戻っていたという。なぜ世界一周便が計画され実行されたのか。それはおそらくこの便の収益に対する期待からではなく、この便の象徴性(=航空会社としてのプライド)に由来しており、19世紀的な、あるいは20世紀初頭に生きていた旅に対する憧れを具現化していたように思う。
私が搭乗する日も、羽田空港の出発掲示板のdestinationの項目には、"round the world"の文字が輝いていたはずだ。この言葉は飛行が地球を周回しながら無限に続くようなイメージを私にもたらした。
若い番号は優位を示すシンボルである。それはスポーツ選手の背番号でも乗り物の運行番号でも、それ以外の世界でも普遍的な現象だが、1番はその極致であって、もっともすぐれたもの、選ばれたものに与えられる魔法の数字だ。PA001便に乗った私自身にはなんの優位性もなかったけれども、それでもなにか特別の世界に旅立つ装置であるかのように感じられたのだった。
001便による世界一周。それは国際便に乗ることが私にとって宝石のように輝く貴重な体験であった時代、そしてまた世界一周という幻想的で観念的な旅のイメージが生きていた時代の記憶でもある。海外旅行の大量消費が始まると私にとっても海外は身近になり、一方でその便が何便であるかなどどうでもよくなっていった。私の中で001便はもはやマジックナンバーとはいえない。飽食の海外旅行時代の今、001便に関する記憶はひとつの時代の産物となった。

写真: "2001: A Space Odyssey"に登場するパンナムのスペースシャトル。
[PR]
by hatano_naoki | 2007-03-18 08:04 | 目撃・現代史
<< 沖縄勉強ノート(112)被抑圧... 『アンコール遺跡を楽しむ』改訂... >>