ペルセウス座流星群の夜
8月14日午前零時頃、ペルセウス座流星群が見られそうだ。
ずっと昔、ある夏の真夜中、東北地方の山の中で星がずいぶん流れるのを見た。放射点もだいたい確認できた記憶がある。あれはペルセウス座流星群だったのだろうか。
13日の夜は新月なので流れ星の観察に向いている。どこか町の光の届かないところに行けば、今年のペルセウス座流星群の流星雨が古い記憶の上に新しい流れ星の記憶として積み重なることになる。
星を見るひと(star gazer)ということばはなかなかすばらしいニュアンスを含んでいる。わたしは星を見るひとなのだろうか?
[PR]
by hatano_naoki | 2007-08-12 07:52 | 日日
<< マクドナルドのテーブルの輝き バーボンの夜2 >>