世界史を知らない子どもたち
「文部科学省は28日、年度内の改訂を目指している学習指導要領で、高校での世界史を引き続き必修科目とする案を、中央教育審議会(文科相の諮問機関)の高校部会に示した。」(asahi.com)
背景には昨秋の履修漏れ問題がある。で、ショッキングなのは「審議する委員からは様々な意見が出て、この日はまとまらなかった。」という下りだ。つまり世界史を必修とすることに賛成しない委員がいたということである。
文科省は「世界史を必修として残しつつ、日本史や地理との関連をいっそう重視する」方針で、これはつまりこれら三教科の統合を意味しているようにもみえる。また高校の現場では世界必修のしばりを外すことに熱心な人々もいるようだ。
こうした状況はつまり、高校が予備校として機能している現実の反映だ。受験の成果を求められる高校は受験に必要のない教科は切り捨てる。その結果、世界史を知らない子どもたち、つまり世界史をしらないおとなたちの予備軍が増える。
世界史を知らないということは、世界で起きた戦争、虐殺、抑圧、搾取を知らないでおとなになるということで、つまり歴史の中で起きた不正義への怒りを感じることなくおとなになるということで、そういうおとなが社会を牛耳っていくということだ。世界史を知らない日本史学習など糞ほどの価値もないが、その日本史学習の唯一の目的が受験であるのなら何もいうことはない。
[PR]
by hatano_naoki | 2007-08-29 06:10 | 日日
<< コンクリートの壁、ひび割れ、しみ 粉末化するカエル、風葬 >>