「謎の金属片」の正体
ガードレールの金属片について、新しい情報が出てきた。
それによると、
1)最新の調査では、金属片は全都道府県で合計17000個以上発見されている。
2)車が走行中にガードレールに接触するときに表面が三角形にはがれることがある。
3)ガードレールに取り付けられた古い反射板の金属部分がこのようなかたちで残ることがある。
ということだ。
つまり、現時点では「謎の金属片」は複合的な原因によってできた可能性があるが、これらの可能性が間違いなく金属片の原因であると断定されたわけではない。

こうして私の「ネットを媒介にした悪質ないたずら」説はあっという間に否定される運命にあるが、それにしても事実というものは面白い。
[PR]
by hatano_naoki | 2005-06-03 19:18 | 日日
<< 18年 突出する悪意、あるいは悪意の伝播 >>