イー・モバイルのS11HT(28)小さなPCの世界
この小さなデバイスと付き合っていると、Windows Mobileという無愛想で使い勝手の悪いOSとそれが作り出す環境、その周囲に形成されるソフトウェア群とそれらを作り出す作者たちの中にいにしえのコンピュータ文化が骨董品のように保存されているのを感じる。
わたしはHTCホームを外してしまったが、それはHTCホームのようなOSを覆い隠すインターフェースがWindows Mobileデバイスの主流になるような状況の中でなお古典的なコンピュータの世界と遊んでみたいと思ったからだ。
繰り返し書いているようだが、この小さなデバイスは電話でもなんでもなく、小さな小さなコンピュータだ。かつてのHP95LXよりはるかにちいさくてはるかに強力なコンピュータだと考えると、このデバイスの魅力が最大限に感じられる。いいかえればそういう魅力が感じられなければこれは使い勝手の悪い電話でしかない。
日本においては個人が使うデバイスとしてのWindows Mobileマシンは成功しないだろうが、わたし個人はこの"重くて使い勝手の悪い電話"に奇妙な愛着を感じつつある。
[PR]
by hatano_naoki | 2008-07-03 22:43 | ネットとデジモノ
<< 路上 Bophana活動休止 >>