イー・モバイルのS11HT(30)5ヶ月目の感想
S11HTを使い始めてから丸5ヶ月がすぎた。
この時点での感想をメモ。
ほぼいつも身近に置いていて、主な用途はメールのチェック、電子辞書、原稿書き(このときはStowaway bluetooth keyboardと併用)、音楽プレーヤー、ビデオプレーヤー、インターネットラジオ、等等。
いまだに気に入っているし大きな不満はない。とくにティルトアップする液晶画面が秀逸で、このギミックによってミニノートPC的な使い方が可能になっている。いつも画面にはアナログ時計を表示させているから時計代わりでもあるし、同じくgoogle検索アプリを常駐させているからgoogleへのアクセスは瞬時に可能だ。このデバイスで一定の生産性が実現できていることが実感できる。
新たなソフトのインストールはここしばらくしていない。そのかわりムービーとか楽曲とかのコンテンツを増やしている。ただしメモリは現在の4GBで十分だと思うし、この容量の中でやりくりするのが楽しいということもある。今後はおそらくUMPCと組み合わせて使うだろうし、音質のいいポータブルスピーカーと組み合わせるのもいいだろう。
指摘されているバッテリーのもちはeneloop mobile boosterとの併用でまったく気にならない。QVGA画面はたしかに狭いが使いようでどうにでもなる。わたしの場合、いくら画面が大きくともEM ONEとかWillcomD4のようなきょう体の大きさでは意味がない。
というわけで、このデバイスはあと一年くらいは使うだろうと思う。ただしUMPCを併用する段階で使い方は変わると思うし、もしかすると単なるインターネット接続デバイスになるかもしれない。
[PR]
by hatano_naoki | 2008-08-31 19:36 | ネットとデジモノ
<< 『パソコン通信本』その後(3) 外部脳としてのgmail >>