今年もおわり
今年も残り一ヶ月。
たいしたことができなかったのが残念だが、それも自分の能力であり容量なのだから入れなければならない。
ちょっとはやいが来年やりたいこと。
この二年、まともな文章を書かないですぎてしまった。断片的なのはだいぶ書いたがそのままになっている。原稿用紙ならばゴミ箱に投げ込むだろうがデジタルデータなのでいつまでもPCのフォルダにあり、それが増えてゆく。書くという行為としては非生産的であまり健康的とはいえない。それはひとことでいえば気合が入っていないからで、来年は気合を入れていくぞ、ということだ。
時間はいつまでもあるわけではない。そのことは年を重ねれば重ねるほど身にしみてわかってくる。2009年を迎えるにあたって、これから三年間(つまり2011年まで)のことしか考えないことにした。自分の寿命がそれ以上あればそれは幸運の賜物だ。
実際にはなにが変わるわけでもない。何も変わらない。日常は特に変わったこともなくすぎていくだろう。唯一違うのはカウントダウンタイマーをセットしたということだ。コチコチと時を刻む音がし始める。
[PR]
by hatano_naoki | 2008-12-03 06:41 | 日日
<< 夜のイチョウ 『グローバルな規範/ローカルな政治』 >>