トイデジカメがやってきた
d0059961_20194172.jpg先日注文したトイデジカメが届いた。想像したよりもさらに小さいが厚みはかなりあるという印象。絶対的な重さはとても軽いが、仕様にある15gはメディアと電池をのぞいた本体のみの重さだろう。単4電池とメディアを挿すと意外にずっしりしている。
本体をMINOXのように引き出すとファインダーが起き上がり、レンズとシャッターボタンが顔を出す。さらに電源ボタンを長押し(1秒程度)すると背面上部の小さな液晶に撮影済枚数の数字や撮影モードが表示されて撮影可能になる。メディアはSDカードだが、本体に挿すとかなり巨大に見えるのが笑える。カードスロットと並んでminiUSB端子があって、マスストレージとして認識される。反対側の側面にはケイタイのように近接撮影と通常撮影を切り替えるレバーがある。
ファインダーはまったくアバウトだがそれで問題はないだろう。バッテリーのもちが悪いというのをどこかで読んだが、たしかにあっという間になくなりそうな雰囲気だ。単4のeneloopを2本くらい持っていないといけないかもしれない。まったくのおもちゃだが、たしかにデジカメだ。画像については明日にでもすこし撮ってみようと思う。
[PR]
by hatano_naoki | 2008-12-13 20:25 | ネットとデジモノ
<< 突入準備 mixiの変心 >>