今頃になってEeePC 4G-X(4)
きょうも持ち出して文章を書いた。
ちょっと心もとないキーボードにも慣れてきた。指先でごく軽く打つという感じ。気になるバッテリーのもちだが、だらだらと書くのではなく、ある程度頭の中を整理したうえで気合をいれて書けばなんとかなると思い始めた。だから予備バッテリもしばらくは不要だ。考えてみれば3時間のあいだ書くことに集中するというのはなかなかできないものだ。長時間になるのならACを持参すればいい。AC持参で書く場所として最初に思い浮かぶのは国会図書館だ。
ウェブを見る機械として買うひとが多いようだが(ネットブックだから当然だが)、画面解像度からしてウェブ閲覧はつらいものがある。わたしとしては文章を書く道具に特化していくことになるだろう。この機械によってがぜん書く気になってきたのは残念ながら事実だ。
[PR]
by hatano_naoki | 2009-02-01 20:36 | ネットとデジモノ
<< ネットを書く 山手線プラットフォーム >>