eSATASSD
eSATAとUSBの両方で接続可能な外付けSSDを買ってみた。Silicon Powerの製品で64GBモデルも発売されているが現時点ではeSATAで繋げるPCを持っておらず、当面USBでの運用を考えているので16GBモデルにした。いまどき16GBというのは容量が小さいとも思えるがちょっと前を考えればこれでも大容量といっていい。ひとつの図書館の蔵書に匹敵するテキストデータが入れておける。『方丈記』ではないがひとりの人間に本当に必要なデータなんていくらでもないし、データを失うまいとするコストは相当なものだ。実際、デジタルデータなんてなくなってもいいという気分になりかけている。
いわば「先行投資」だが、要するにずっと欲しかっただけで、結果としていくらか速いUSBメモリということになってしまうがそれでもかまわない。当面は執筆のための資料を入れておく書庫兼原稿データのバックアップ先として使うつもり。そういえば最近はアキバに行く回数が増えた。

[RICOH GR Digital]
d0059961_21495730.jpg
[PR]
by hatano_naoki | 2009-04-04 21:52 | 写真日記
<< 国会図書館 硬貨 >>