フェーズ5
ついにフェーズ5。
パンデミック寸前の段階が宣言された。
国立感染症研究所感染症情報センターの発表では、4月29日正午現在で確定感染者数112。うち64がアメリカで、7カ国に及んでいる。
以下はこのサイトにあるWHOの発表(4月28日)。

 インフルエンザウイルスに感染するリスクに関しては、旅行者は可能な限り人で混雑した閉鎖空間や急性呼吸器感染症に罹患している人との濃厚な接触を避けるよう勧告される。体調の悪い人やその周辺環境への直接接触の後に行う手洗いは、病気のリスクを低下させるかもしれない。体調の悪い人は、咳エチケット(距離を保つ、咳やくしゃみが出る時にティッシュペーパーや布を口や鼻にあてる、手を洗う)を実行することが勧められる。

ブタインフルエンザに対する防御に関連する特定の方法に関してであるが、抗ウイルス薬の使用に関する勧告を作成するには現在のところ情報が不十分である。ブタインフルエンザウイルス感染の治療における抗ウイルス薬の使用に際して、医師は臨床的および疫学的評価と、患者の治療の害と益に基づいて、判断を下さなければならない。


国家間の移動が自由・大量・高速で可能な現在、拡大をくいとめるのが大変なことだということはシロウトでも理解できる。メキシコでの感染者拡大が発表されているよりもずっと多いのではないかという指摘があるが、そうであるならば特にアメリカ国内への違法入国に起因する感染者の浸透はより深刻化するだろう。アメリカにおける大量の感染は経済に影響を与え、経済危機を上回る地球規模の衝撃を与えることになる。
今回の豚インフルエンザは弱毒という報道もあるが、ウィルスが毒性の強い方向に(急速に)変化していく可能性が捨てきれない以上、今回のフェーズ5宣言は現時点で世界規模の感染対策訓練としての側面があると思うし、それはわれわれが支払わなければならないコストだ。
事態は急速に進展する。遠からず見えない敵に対する戒厳令的状況が現出するかもしれず、それはわれわれが経験したことのない都市の風景を見せてくれるだろう。今なにが起きているのかがあと数日でわかる。
[PR]
by hatano_naoki | 2009-04-30 05:47 | 日日
<< ネットブック増殖中 『アンコール遺跡の考古学史にみ... >>