デュアルブート
EeePC901-XにeeeUbuntu9.04をインストールしてWindowsXPとのデュアルブートにした。
ずんずんとUbuntuに引き寄せられている。このマシンでWindowsを起動することはほとんどなくなった。
文章を書く、ウェブを見る、写真を加工するといった用途、つまりPCでやっている作業のほとんどはUbuntuでできそうだ。
Linuxの文法はほとんど分かっていないけれども、やりたいことをどのような手順で行えばいいのかはググれば知らない誰かが教えてくれている。
デスクトップの外観と雰囲気はパーソナルな道具としてのPCにとって大切な要素だが、この点もなかなかいい。今日は「青い象の皮膚」の壁紙。実にクール。ウィンドウが開閉するときのちょっとした視覚効果が楽しい。
Windows 7 が出るころ、Windowsそのものをほぼまったく捨てているかもしれないなという気がしている。
[PR]
by hatano_naoki | 2009-05-10 08:20 | ネットとデジモノ
<< ネットブックと個人的PC遍歴に... 電話出演 >>