無数の内臓
ネットを読んでいると無数の内臓に出会う。内臓という単語がそれほど頻繁に語られているとも思えないが、ようするに内蔵と書くべきところを間違って内臓と書いているだけのはなしだ。
そういうひとにとっては内臓も内蔵も似たようなものでたいした間違いだとも思っていないらしく、たまに注意するひとがいても反応するひとはほとんどいない。
私個人としては内蔵を内臓と書いて平然としているというような、文字表現に関する一級の鈍感さを「内臓」したひととは友だちになりたくないという思いだ。漢字に関するリテラシーの目をおおうばかりの低下がネットのそこらじゅうで展開されている。
[PR]
by hatano_naoki | 2009-06-03 20:13 | 日日
<< エトルリアの偶像 書籍版『沖縄勉強ノート』(仮題... >>