類型学、および博物学的世界観の視線
今月のBRUTUSに載っているベッヒャー夫妻(ベルント・ベッヒャー、ヒラ・ベッヒャー)の写真を見て、自分はまさにこういう写真を撮りたかったのだと思った。タイポロジー(類型学)という彼らの作品に対する後付けのキーワードも自分に合っている。

[RICOH GR Digital]
d0059961_741767.jpg
[PR]
by hatano_naoki | 2009-06-09 07:41 | 写真日記
<< android エトルリアの偶像 >>