android
d0059961_18204239.jpgAndroid OSをUSBメモリから起動できるということでちょっとした評判になっているらしく、自分でも試してみた。なぜかEeePC901-Xではうまくいかず、900HAでは起動できた。まだ雰囲気を楽しむ程度の造り込みで実用にはならないが、なかなか楽しい体験だった。
それほど遠くない時期に(ASUSTekのデモが予感させるように)Androidノートが出てきそうな気がするし、UbuntuやMoblinもいわゆるネットブックに載るだろう。Moblinはベータ版になった。非力な小型ノートPCにふさわしい軽いOSが新しい世界を見せてくれる時代がそこまで来ている。その予告編が"OS on USB Memory"というわけだ。
OSをUSBから起動すること自体、なかなか楽しい。CD/DVDドライブが不要になるのはもちろんだが、それ以上に自由の感覚があるからだ。linux系のOSはいろいろあるけれども、それらを材料にしてUSBメモリからのOS起動をもうすこし遊んでみたい。
[PR]
by hatano_naoki | 2009-06-14 18:17 | ネットとデジモノ
<< ちょっとした思いつき 類型学、および博物学的世界観の視線 >>