<   2007年 04月 ( 40 )   > この月の画像一覧
かつてパソコン通信というものがあった(5)
パソコン通信の世界で発信するひとと書かれたメッセージや情報を読むだけのひとの比率がどれくらいだったかはわからないが、読むだけのひとの方が確実に多かったと思うし、ユーザー数の増加にともなって発信するひとの比率はどんどん下がっていったと想像する。
私個人はパソコン通信をはじめて数ヶ月で発信する側になったが、私の推測では活発に書く人ははじめてすぐに書きまくる傾向があったように思う。私はおくてのほうだったはずだ。

パソコン通信での書き込みをはじめた私にとって、書くことはすぐに日常化していった。書かないと不安になるのだった。それは書きつづけないとネット上で存在できないという意識からきているようだった。
ネット上で発信するひとにとっては自己の存在証明という課題がある。
これは発信するひとに特有の課題であって、発信しないひと、ネット上で他者のメッセージや情報を読む(つまり消費する)だけのひとにとっては意識されないだろう。
たとえばブログならばまずブログが存在していること、つぎに常にメッセージが追加され更新されていることによって、そのひとがネット上に存在していることが確認される。そのひとから発信される情報が多量でかつ頻繁で、さらに質が高ければそのひとの存在感は大きく、たまにすこしだけ発信し、しかも質の低い内容ならばは影が薄い。
パソコン通信ネットでは基本的に個人個人は蓄積型の情報空間を持たず、共有される場での発信(つまり電子会議でメッセージを書き込んだり他人のメッセージにコメントすること)を通じて存在証明を行っていた。これはウェブサイトやブログなどの個人所有の発信と蓄積の場を維持するよりもきついものがある。
電子会議はうつろいゆく場だ。ある時期熱心に発言するとそのひとはその会議室を読むひとたちから認知される。認知されることはなかなかにうれしい。ところがそこでしばらく発言しないとその場はもはや自分とかかわりのある場所ではなくなってしまう。自分を知らないひとたちがコミュニケーションに熱中しており、自分はもはやよそ者のようなものだ。過去の「実績」はまったく意味をもたず、今の瞬間どれだけアクティブかが唯一の存在証明ということになる。
現在ではどこかの誰かのウェブサイトやブログを読むだけで満足しているひとはいくらでもいて、そのことがなにかの欠落感を生むことはないだろう。こういう読み物を読む感覚は私にもある。書くひともそれほど気負っているわけではないだろう。
パソコン通信時代の私は自分がアクティブであることに対してある種の切迫した意識を持っていたかもしれない。切迫というのはおおげさだが、場から消えるかどうかはずいぶん違う。
なぜかといえば、パソコン通信では互いのメッセージを読み、相手を認識し、相手のメッセージに反応することを通じて人間関係が作られていったからだ。知らない相手から電子メールがきても判断がつきにくいが、そのひとのメッセージを電子会議で読んだことがあり、あるいは電子会議上でコミュニケーションしたことがあれば、相手は信用できると考えられる。
その意味では、パソコン通信を利用した多くのユーザーの中で、より多く発信したひとはより多くのコミュニケーションチャンスがあったといっていいだろう。
[PR]
by hatano_naoki | 2007-04-30 11:21 | ネットとデジモノ
おとなしいオス猫
[RICOH GR Digital]
d0059961_9564844.jpg
[PR]
by hatano_naoki | 2007-04-30 09:57 | 写真日記
椎名町駅プラットホーム
これも一種の産業遺産だろうか。

[RICOH GR Digital]
d0059961_2031774.jpg
[PR]
by hatano_naoki | 2007-04-29 20:06 | 写真日記
かつてパソコン通信というのものがあった(4)
未来的なコンピュータコミュニケーションの世界に大きな期待をもって入り込んでいった私はユーザーの少なさに起因するフォーラムでの発言の少なさとその内容のつまらなさにあきれた覚えがある。スタートから2ヶ月が経ったニフティは、すべてのフォーラムを見たわけではないが、スカスカだったのだ。会員の登録数が数千(アクセスしている実数はこれよりもずっと少なかったはずだ)では無理もない。一方、日経ミックスは面白かった。知的でスノッブな感じ。小文字のアルファベットのUNIX系コマンドがかっこよかった。
最初はスカスカの状態だったニフティのフォーラムだが、しかしいくらもしないうちに会員が増えるにしたがって活性化しはじめた。
私もしだいにいくつかのフォーラムで発言をはじめ、電子会議で発言すること、電子会議で知り合った人たちとメールを交換したり直接会ったりすることが日常化していった。

パソコン通信の見かけ上の特徴はテキストベースであることと、メニューからの選択とコマンド入力によるナビゲーション、それにに集約される。
しくみからいえばひとつのパソコン通信サービス上のコミュニケーションはひとつあるいは一群のサーバー群の内部で完結している。
商用ネットではそれらに加えて認証システムによって外部からは閉じた世界を作っていた。
パソコン通信ネットはそれぞれが「島宇宙」があって、「島宇宙」相互間のコミュニケーションはなかったし、認証で守られたシステムではさらに閉鎖性が強まった。閉鎖性は安全性に通じていた。

パソコン通信は刺激的だった。
まず通信の道具としてのコンピュータの印象がある。コンピュータ画面を文字が流れてゆく光景そのものが私には珍しかったし、画面が液晶ではなくCRTだったことも関係していたかもしれない。コンピュータはまだいくらか計測機器のような機械的側面を露出させており、パソコンではそれが顕著だった。ビジネスワープロでは機械に匂いはずいぶん影を潜めていたが、それでも黒い画面を流れる緑色に輝く文字の印象はきわめてハイテックな強い印象を私に与えた。
それからもちろん、パソコン通信というしくみの印象がある。知らないひとの文章、感情、知識が繰り広げられる電子の空間のイメージは鮮烈だった。しかもそれらの文章はいわばしろうとの、
無名のひとびとの書いた文章である。それまでの私が読んでいた文章といえば、週刊誌にせよ、単行本にせよ、基本的に文章を書いてメシを食っているひとびとの書いた文章だった。パソコン通信に氾濫していたのは文章を書いて金儲けをしないひとが書いた、へたで論旨があいまいな文章ばかり。しろうとの書いたぼうだいな量の文章を読む毎日がはじまった。
これは奇妙な体験だった。渋谷の雑踏ですれ違うならば群集のひとりにすぎない誰かの息遣いがパソコン通信上のメッセージから伝わってくる。私は生々しい「大衆」を発見したのかもしれなかった。

今、「文章」と何回か書いたが、パソコン通信(私の場合は商用パソコン通信ネットの世界)で読むことになったメッセージはかなり書き言葉のニュアンスが強かったように思う。ひとりごと、愚痴、いたずら書きに類するメッセージは少なかったし、そういう種類のメッセージは排斥される傾向があった。もちろん多くのセグメントに分かれてそれぞれがほぼ独立していたパソコン通信のコミュニケーション空間(たとえばフォーラム)においては、多種多様な場が成立していたのも確かで、少なくとも私がコミットしたコミュニケーション空間では、書き込まれるメッセージは文章として成立しうるものが多かったというべきかもしれない。メッセージは「論理的整合性」を保つことが求められたし、当然のことだが日本語として読むに耐えるべきだと考えられていたと思う。

こういう雰囲気の根源は商用パソコン通信ネットが一種の管理空間であったことかもしれない。商用パソコン通信ネットはクレジットカード決済、認証システム、会員規約、それにフォーラムごとの管理体制によって幾重にも管理されていた。匿名でメッセージを書くことは可能だったが、その人物が誰かは運営会社からは簡単に把握できる。場を過度に混乱させたり破壊したりするような行動に対する抑止力はかなり強いものがあった。
[PR]
by hatano_naoki | 2007-04-29 17:46 | ネットとデジモノ
四月末の日曜の正午前
永遠が見えそう。

[RICOH GR Digital]
d0059961_16492320.jpg
[PR]
by hatano_naoki | 2007-04-29 16:50 | 写真日記
イグアナと猫とが窓ぎわで出会う
d0059961_8363538.jpg
[PR]
by hatano_naoki | 2007-04-29 08:38 | 写真日記
クメール舞踊の写真集を作る(2)
d0059961_8343997.jpg昨日、最初の撮影を行った。
山中ひとみさん、撮影担当のTさん、カンボジア勉強会の常連のIさん、それに私という顔ぶれ。
きちんとした撮影用のスタジオを借りる余裕もないので貸し会議室を使うという状況だが、撮影のTさんは汗をかきつつ奮闘。Iさんには撮影を手伝っていただいた。
会議室は3時間借りていたが準備や片付けにも時間がかかり、撮影に集中できたのは1時間程度だろうか。
今回は写真集のイメージの一角をなす「肉体の部分」のテスト的撮影。クメール舞踊の特徴のひとつは手首から先、とくに指の形作る豊かなイメージにあると思われるが、その部分の撮影に絞った。
クメール舞踊における指のかたちは無数にあるというのではなく、むしろ限定的だが、それらが時間の流れとともにあれからこれへと移り変わってゆくことで多様な表現を可能にする。それらの基本的な指のかたちを撮影することが今回の目的だった。
Tさんの準備した撮影機材は本格的なものであり、借りた会議室は狭くて使い勝手が悪かった。それでもなんとか撮影を進める。Iさんは撮影をサポート、私は山中さんのスタイリスト(?)のような役割。実際にやってみるとこれだけの人数が必要なのだった。
撮影は銀塩の6×6判のカメラで行ったが、それと並行してデジタル一眼レフで光の具合とかを確認していく。その画像を見て、指先のかたちの美しさを改めて感じた。写真集にはこうした指先や足先といった部分のクローズアップは必ず入れたいと考えている。
次回の撮影は6月の予定。本格的な撮影に入る見込みだ。

[RICOH GR Digital ノートリミング]
[PR]
by hatano_naoki | 2007-04-29 08:35 | カンボジア
GR Digital (11) 写真が楽しい
これまでも写真は撮ってきたけれども、GRDは写真を撮るのが楽しいカメラだと思う。撮影結果を比較的予想しやすいのがいい。現在のキーワードはモノクロと露出補正だ。

たいしたことではないのかもしれないが、GRDを使っているとこのカメラがデジタルと銀塩のあいだくらいにある感じがする。

町を歩いているとはっとする瞬間がある。それは奇妙な看板であったり、不思議な容貌の人物であったり、雑踏の中の微妙な光線の具合であったりする。私の場合、こういう瞬間を以前はほとんど見過ごしてきたが、GRDによってそのうちのいくらかは写真として残せるチャンスが生まれたように思う。
ではなぜ写真として残したいかだが、ここではとりあえず好奇心からということにしておく。また、たぶんスナップとは自分の生の確認だという気もする。
[PR]
by hatano_naoki | 2007-04-28 10:51 | カメラと写真
かつてパソコン通信というのものがあった(3)
パソコン通信をはじめた日のことはよく覚えている。
1987年6月のある日、当時使っていた大型のビジネス用ワープロ、OASYS 100HにAIWA製の1200bpsのモデムをつなぎ、MS-DOSを走らせ、システムディスクにふくまれていたTERMというソフトを起動してニフティに接続し、サインアップした。緑色の文字が輝きながら黒いCRT画面を流れていった。

このときの私のコンピュータ環境はあまり普通ではなかったと思う。普通のユーザーは通称"98"(NECのPC9801シリーズ)などのパソコンを使っていたにちがいない。なぜ私が「大型のビジネス用ワープロ」なるものを使っていたかといえば、それはひとえに日本語を操る能力が当時のパソコンに比べて格段に高かったからだ。私はコンピュータで日本語を操ることを強く望んでいた。
当時のパソコンは"98"の天下であり、富士通はFM-Rシリーズを発売、アップルがMacintosh II を発表した頃だ。"98"やFMRの画面はVGA(640×480ピクセル)だったから表示される漢字はたてよこ16ピクセルで構成されており、画数の多い文字は省略されて奇妙な字体になっていた。私が比較の対象としていたのはたぶん書物の文字であり、コンピュータであっても文字は正しく書かれて表示されるべきだと考えていた。高価な(百万以上もした!)ビジネスワープロを購入した理由の一端は24ピクセルのなめらかな漢字の表示にほれたからだった。これだと漢字は完璧ではないがより本物らしく見える。
このビジネスワープロという製品カテゴリーは日本で独自の進化を遂げたあと、パソコンの日本語処理能力の向上によって滅びていった。私がこだわった24ピクセル表示はパソコンの世界で標準にはならず、私は「汚い」と感じられた16ピクセル表示に慣れざるをえなくなった。
ちなみに私がこの機械を買った時点では単なるワープロであり、パソコン通信ができる機械だとは思っていなかった。いくらかあとになってMS-DOSでパソコン通信サービスに接続できることを知り、それから少ししてより高機能な通信ソフトが提供されることになった。

コンピュータによる通信をはじめて体験した私は、自分で入力したのではない大量の文字が画面を流れてゆくことに驚きに似た感慨を抱いた。それまで私が画面上で見ていた文字はすべて私が入力したものだった。私の入力した文字はフロッピーディスクに保存するか、容量が20メガバイトほどの内蔵ハードディスクの10メガバイト程度の文書領域に保存するか、どちらかだった。データは孤立し、私も孤立していた。
しかしパソコン通信の世界では自分が書いた文章とはくらべものにならないほど大量の文字が行きかい、それらを取り込んで自分のコンピュータに蓄積することができるのだった。今から考えるとたわいもないことだが、自分のコンピュータが突然それまでとは違った道具になった気がした。

はじめてパソコン通信というものを知ったのは1985年か1986年頃、当時出ていた『PCワールド』 という雑誌でだったと思う。これはすごい、と瞬間的に思ったおぼえがある。コンピュータ・ネットワークによって知らない人同士が結びつく世界がもうすぐはじまりそうなのだ。
その頃の私はSOHO幻想のようなものにとりつかれていたらしく、会社をやめて小さなオフィスでひとりきりで働き始めていた。私は孤独であり、ひとのつながりを求めていたにちがいない。そんな私にとってまだ見ぬパソコン通信の世界は一種のユートピアに見えた。
その頃の私の家にはアップルIIeという8ビットパソコンがあった。この伝説的なパソコンは40万近くもして、四年の分割払いで買ったものだった。この機械は私にパソコンとはなにかという具体的なプレゼンテーションをしてくれた。アップルの前には1982年に信州精機(現在のEPSON)から発売されたHC-20というハンドヘルドパソコンを買ったのが私にとって最初のパソコンとの出会いだった。
[PR]
by hatano_naoki | 2007-04-28 08:39 | ネットとデジモノ
建築現場
[RICOH GR Digital]d0059961_191122.jpg
[PR]
by hatano_naoki | 2007-04-27 19:09 | 写真日記