<   2008年 09月 ( 34 )   > この月の画像一覧
線路
[RICOH GR Digital]
d0059961_20183619.jpg
[PR]
by hatano_naoki | 2008-09-29 20:18 | 写真日記
[RICOH GR Digital]
d0059961_19434639.jpg
[PR]
by hatano_naoki | 2008-09-28 19:44 | 写真日記
カンボジアフォーラムの一週間
9月20日にカンボジアフォーラムが公開されてから一週間がすぎた(準備をはじめたのは16日)。参加メンバーは20名を超え、すこしずつ増えている。スタート時にはわたしの方から知り合いのひとたちに招待メールを送ったが、その後はわたしの知らないひとからの参加希望もくるようになった。
招待がなければメンバーになれず、またテーマがきわめてせまいことを考えると、こういう場に自分から参加しようと考え、実際に運営者に参加を希望する旨メールを送って参加するという行動はなかなかハードルが高いはずだが、そういうひとたちが現れているのは素直にうれしい。
コミュニケーションの場が生成されていくとき、そのはじまりからしばらくの間がもっともおもしろい。ひとはまだ少なく、場についての個々人の心象もばらばらだが、どっちに向かうかわからない危うさとおもしろさがある。場を生成しようとする者はその未来に一定のもくろみを持っているものだが、多数の参加者がいるわけで、そのもくろみが実現するとはかぎらない。未来を操作によって作り出すことはできないし、もしさまざまな裏工作によって近似的な未来が実現したとしても、それは場を生成する者を汚すだけだろう。とりあえずはすこしずつ参加者がふえてゆくよう願いつつ、見守ってゆくことにしようかと思っている。
ひとつだけおもしろく感じられること。SNSのしくみを使っても、運用によって「閉じた場」の雰囲気は作れそうな気がする。
[PR]
by hatano_naoki | 2008-09-28 10:49 | カンボジア
地下道
[RICOH GR Digital]
d0059961_22113832.jpg
[PR]
by hatano_naoki | 2008-09-26 22:11 | 写真日記
朝の思考
[RICOH GR Digital]
d0059961_23354531.jpg
[PR]
by hatano_naoki | 2008-09-25 23:43 | 写真日記
walking
[RICOH GR Digital]
d0059961_21411771.jpg
[PR]
by hatano_naoki | 2008-09-24 21:41 | 写真日記
5日目のカンボジアフォーラム
きょう現在、つまりはじまって5日目のカンボジアフォーラムの(わたしから見た)トップ画面。
まだコミュニティも少なく(3つだけ)、メンバーも15名にとどまるが、次第に充実させていくつもりではある。
この画面を見てもわかるように構成要素はミクシィとほとんど変わらない。
SNS特有の雑多な機能はほとんど使わないことにした。
SNSのコミュニケーション関連の作りこみはとても弱い。そこにコミュニケーションらしきものがあればそれでよく、ちゃんとしたコミュニケーションには興味のない人間がつくったしくみだ。掲示板(トピ)でコメント関係が明示できればいいのだがそういう機能はない。
しかしいずれにしても器はこれしかないのだからここでやっていくしかない。あとはユーザーが工夫するということだ。

※カンボジアフォーラム参加希望の方へ
このブログの運営者までメールをいただければ招待メールを送ります。

d0059961_1246381.jpg
[PR]
by hatano_naoki | 2008-09-24 12:46 | カンボジア
EeePCを買ってみた
最近話題のEeePCを買ってみた。
901-Xというタイプで、4GB/8GBのデュアルSDDに名目8時間のバッテリ駆動が可能というスペック。決め手はバッテリのもちでネックは4GBのCドライブだが、Windows Update後にネット上の情報を参考にしてOSからあれこれ削り、アプリもかなり削って1.5GBほど空けた。当面はこれでいけそうだ。
チープな機械だが、どういうわけか楽しい。Let's Noteはこうは楽しくないだろう。
なにしろ資源が乏しい。大容量のSDカードを補助的に使う手もあるが、Cドライブの空きを死守しつつDドライブをぎりぎりまで活用するような機械だ。データを貯めるのではなく外の大容量HDDに逃がせばいいだろうし、身軽な使い方が合っている。
この機械を面白がるひとは資源の貧しさが楽しいのだろう。その気分はわたしにも理解できる。飽食はもううんざりなのだ。もちろん動画編集や画像処理などには高性能で大容量の機械が必要だが、この機械はエディターで文章を書くような作業に向いている。まさに文房具的な雰囲気。せいぜい二年もてばいいだろうという割りきりができるし、不具合が起きればOSを再インストールすればいい。そういう機械だ。この手の機械は、もうすでにそうなりつつあるが、高機能で高価格のノートPCを駆逐していくだろう。日本のメーカーはどこにいくのか。
[PR]
by hatano_naoki | 2008-09-23 20:42 | ネットとデジモノ
新宿西口高層ビル街区
[RICOH GR Digital]
d0059961_1912368.jpg
[PR]
by hatano_naoki | 2008-09-23 19:12 | 写真日記
SNS『カンボジアフォーラム』
カンボジアをテーマとするSNSを20日に立ち上げた。その数日前からすこしずついじって(チューンして)とりあえずオープンという感じ。
名前を『カンボジアフォーラム』としたのは、SNSのしくみを借りながらも商用パソコン通信ネットの「フォーラム」のイメージを重ね合わせているからに違いない。
『カンボジアフォーラム』は招待制であり、メンバーはまだ10人にすぎないがおいおい増えていくだろう。500人くらいにはしたいものだ。
個人的な興味(あるいは試み)としては、キーワードでいえば「閉鎖空間」「特定テーマでの継続的議論(あるいは雑談)」「コメントリンク(手動)生成」「個人のフィーチャー」「長文誘導」「管理者の存在」「オンラインの協働学習=学習成果の(プロセスもふくめた)共有」「ウェブサイト(情報蓄積)-SNS(コミュニケーション)-勉強会(リアルなコミュニケーション)の連動」などがある。
ところで、SNSもふくめてウェブ上のサービスは基本的にユーザーの工夫を殺す方向でサービスを成立させている。ユーザーの創造(あるいは工夫)の可能性をインターネット上のビジネスのある一角によって置き換え(奪い)、サービスとして提供して金に結びつける。これがインターネット上のサービスのひとつの姿だ。だからユーザーはどんどん考えなくなり、サービスを「消費」する従順な羊になってゆく。こういうのは、いかに便利だろうが最低の環境だ。
つくりこまなければユーザーが工夫する。そこに想像力が生まれ実行力が生まれる。というようなイメージだ。
「フォーラム」的な環境を運営するのはずいぶん久しぶりだ。10年かそれ以上。その間にネットはずいぶん変わり、ユーザーのプロファイルも変化したが基本的な構造はたいして違わないと思う。まあちょっとやってみようかというところだ。
[PR]
by hatano_naoki | 2008-09-23 07:03 | カンボジア