<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
「500系」の終焉
d0059961_726432.jpg


























新幹線500系は来年春で引退することが決まっているが、東京発がこの11月から1本になってしまうという。

500系は美しくかっこいい。これほど流麗な外観を持つ交通機関は多くない。車体断面は円形に近く、先端はかつてのジェット戦闘機F104のようにとがっている。細長い楕円形のキャノピーでおおわれた運転席のデザインは戦闘機のコクピットのようで、運転士が颯爽とみえる。
乗り込むとき、ドアを通過する瞬間、車体断面の丸さがことさら意識される。窓側に座ると壁面のカーブが頭上の空間を狭くしていて、まるで飛行機に乗ったようだ。

500系の登場と退場は時代を象徴している。はやく走るために居住性とエネルギー消費を犠牲にし、座席配置もほかと違うものになった。車体構造にも工夫をこらし、おそらく製造コストも高かったにちがいない。それらが今はすべて否定される状況になっている。エネルギー消費が大きく非効率的なものはすべて悪であり、エコこそが善であるという空気だ。まるでエコ原理主義みたいな気がしてくる。
その結果として夢のような流線型は消えてなくなり、車内空間を最大にしようとした結果の箱型車体と空気力学のみの追求の結果としてのかものはし型の先端デザインが生まれる。
しかし500系そのものが新幹線車両の進化の系統樹の中で「突然変異」した車体だったという気もする。これだけが飛びぬけている。実現したことじたいが奇跡だったのかもしれない。
デザインとしても時代は流線型を求めていない。流線型デザインはある時代の申し子であったにすぎず、これからははやらないということなのだろう。車もずんぐりしてきている。デザインのトレンドもそっちだ。
[PR]
by hatano_naoki | 2009-09-26 07:11 | 日日
SiemReapからのダイレクトメール
シェムリアップからDMがきたらこんな写真が添付されているだけだった。
しかし雰囲気がおもしろかったので掲載。
d0059961_6242015.jpg
[PR]
by hatano_naoki | 2009-09-26 06:24 | カンボジア
自由学園明日館
[RICOH GR Digital]
d0059961_17524532.jpg
[PR]
by hatano_naoki | 2009-09-23 17:52 | 写真日記
ハネムーンと根切り
アメリカでは新政権ができてからしばらくのあいだ、メディアがきびしい批判を控えるという慣習ともいうべきものがある。それについての説明がここにあった。
これは一種の文化だと思うし、「新顔」につきまとって品のない攻撃からはじめる日本のメディアにはできない芸当だ。
民主党政権は大衆が生み出したものだが、彼らの大部分は自民党にあきあきしていただけで民主党に期待していたわけではなかった。ちょっとお灸をすえようというわけだ。ところがふたを開けてみると自分たちは思いがけず大変なことをはじめてしまったと気づく。今のところ、なにも成果は見えてきていないけれども、なにか新しいことが本当に起こりそうなのだ。もちろん大衆は疑ってかかっており、新しい政権の主張と実行にずれが生じればすぐに支持しなくなるにちがいない。
しかしここはハネムーン期間だということでしばらくは攻撃を控えるのがいいと思う。55年体制以降どれだけ時間が経過したかを考えれば、最初からうまくいくわけでもないだろう。しばらくは官僚の「根切り」(猿回しが猿を仕込む前に行う。猿回しを主人と認めさせるためにある種の虐待をする)を進めてもらい、徹底的に根切りして、これからは自分たちが自由にできるわけではないこと、自分たちが国民にたいするpublic servantでありcivil servantであって主人ではないことを体でおぼえさせることが大事だ。このステップは徹底的にやっておかないと禍根を残す。一部には見せしめ的人事や報復人事があってもいい。官僚を弱らせるには最初が大事だ。こういうことをちゃんとやらないで自民党と同じ道を進みはじめたら民主党は不要になる。それがどこまでできるのか、まずはあたたかく見守っていきたい。がんばってね。
[PR]
by hatano_naoki | 2009-09-18 06:07 | 日日
Nike+ Sportband
d0059961_12341330.jpg


























ずっと欲しかったNikeのスポーツバンドが再発売されたので買ってみた。USB端子を備えたデジタルウォッチのようなデバイスで、専用のシューズに送信機を挿入して走るとスポーツバンドにデータが送信される。
ただしすぐに都会のランナーになるつもりはなく、しばらくは単なるデジタルウォッチとして使うにとどまる。
Nike+のサイトはなかなかよくできていて、自分のデータ(=ランニングの実績)をウェブ上で管理したり(デバイスをPCに接続するたびに自動的にスポーツバンドの中のデータをアップロードしたうえでデバイス内のデータをクリアする)、自分のデータを公開したり仲間と交流したりといったコミュニティ機能を併せ持つ。走りを持続するためのモチベーション・ジェネレータともいうべき仕様だ。
時計としてもなかなかクール。気に入った。
[PR]
by hatano_naoki | 2009-09-16 12:34 | ネットとデジモノ