<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
あれこれ
ことしのあれこれ。
ネットとデジタルデバイス関係ではGoogleに終始した。Google Chromeとそのportable版がデフォルトのブラウザになった。IEってあったっけ。WindowsMobileスマートフォンS11HTはひきつづきAndroidケイタイとして稼動中。来年はAndroidケイタイのどれかに変更、決定。ストレージがSSDに移行した。Windows上のアプリケーションは基本的にポータブルアプリしか使わなくなった。
カンボジアの関係では、『カンボジアジャーナル』をつくりはじめたのが最大のトピックだろうか。この10年間、自分がカンボジアとのかかわりの中でどういうことをして誰と会ってきたかを確かめるいい機会になった。いずれにしても、雑誌(もどき)を作るのは楽しい。
なかなか書き終えることができないでいるけれども、沖縄をテーマとする原稿は相変わらず行きつ戻りつしている。しかしなんとかなりそうな気配。あと数ヶ月というふうに楽観しておく。

来年へのあれこれ。
ちいさくて軽くてバッテリーで長時間駆動できるPCがほしい。キーボードの良質なやつ。現在メインで使っているEeePC901-Xはよくできたマシンだが、唯一の不満はキーボードだ。それにAndroidケイタイ。物理キーボードがあるもの。e-mobileから出れば最高だが。
『カンボジアジャーナル』はつづけようと思う。うまくいけば第3号~第6号まで発行できるはずだ。
沖縄の本を書き終えて(できれば)出版までもっていき、あわせて次の原稿にとりかかる。次を考える状態ではないけれども、書くことをやめることはない。
そして。自分を取り囲む世界とのかかわりかたを革命的に変えたいという不変の願望は来年もつづく。
[PR]
by hatano_naoki | 2009-12-31 19:46 | 日日
本が売れない
asahi.comの記事によると、今年の書籍・雑誌の推定販売金額がこの20年間ではじめて2兆円を割り込むことが確実になった。96年の2兆6563億円がピークで、その後は減る一方だった。
書籍はミリオンセラーが2作のみ。「1Q84」の224万部は抜きん出ていたわけだ。興味深いのは売れないのに新刊の刊行点数だけは伸びていること。89年の約3万8千点に比べて、昨年は約7万6千点。返本率は4割をこえ、しだいに高くなっている。小部数でどんどん出し、返品の山になるという悪循環がみえる。雑誌も10月末時点の前年同期比で過去最大の落ち込み幅だという。
本が売れない理由は複合的なもので回復は簡単ではなく、むしろ無理というべきだろう。小部数・多点数刊行・大量返本という構造は衰退の構造にほかならないから、見通しは暗い。
紙に印刷された本というものは長い衰亡の途上にあるのかもしれない。しかし電子的な文字とおぼれるくらいつきあいながらも紙に書かれた本に対する自分の愛着はいまだに薄れていないとわかる。
本が売れない今、本を書こうとする行為はドンキホーテ的であり、徒労に近いようにも思えるけれども、それでも書くことにこだわっているのはなぜなのだろうか。
[PR]
by hatano_naoki | 2009-12-13 09:11 | 日日
事務次官廃止
民主党が公務員制度改革の中で次年度に事務次官の廃止を検討しているという。
来年の参議院選挙までに民主党がどれくらいの政治的成果をあげられるかはまだわからないけれども、かりに事務次官ポストを廃止できればそれは明治以来連綿と続いて国家を牛耳ってきた巨大なヘビの頭をちょんぎることになり、官僚の支配に一定の打撃を与える可能性がある。これとあわせて官庁の外郭団体への圧力を加え続ければ、経済が浮揚しないとしても民主党は次の選挙で勝つことができるだろう。短期的に経済が立ちなおる見通しはだれが政権をとってもないわけで、こういう状況は無駄を省き悪者探しをするのに向いている。絞れば絞るほど無駄が明らかになるはずだ。事業仕分けにしても三年ほどもかけて徹底的にやっていい。仕分けする側のスキルもそのあいだに高まるだろう。
民主党が自民党のようなだめさでだめになるのは将来的に避けられないとしても、元気のいいあいだにいろいろいいことをやってくれればそれでいいわけで、だめだと思えば別の政党に政権を移せばいい。それが二大政党制の長所のはずだ。そういう意味でいまのところあれこれ問題を起こしながらも総論的にみて民主党はよくやっており、一方で自民党および五十五年体制そのものがいかに制度疲労におちいっていたかが明らかになったことで、これからそうとう長期にわたって自民党は政権に復帰できないだろうという感想を大衆がいだいているという気がしている。
しかしそれにしても経済が予想をこえて悪化すればなにがおきるかわからない。アメリカの戦争にしてもどれひとつ解決しない。歴史の踊り場で先のみえない毎日がつづく。
[PR]
by hatano_naoki | 2009-12-05 07:20 | 日日