<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
『ブエナビスタ・ソシアルクラブ』を聴きながら
キューバをめぐるわたしの心象は、日本と聞くとゲイシャとニンジャとツキジとアキハバラが浮かんでくる外人と同じように、ポンコツのアメ車とブエナビスタ・ソシアルクラブとチェ・ゲバラとからできている。
それから浅黒いひとびととさとうきびの畑と米軍基地と疲弊した社会主義。
カストロが死ねばアメリカと和解して親米に舵を切り直すにちがいないこの骨董品のような社会主義国家はいまはまだ、遠くからみているかぎりロマンチックでレトロでノスタルジックな空気を漂わせて誘惑的だ。行くならカストロがようやく生きている今なのだろう。

映画『ブエナビスタ・ソシアルクラブ』(1999年製作)をDVDでようやく見た。
音だけは以前から聴いていたが、映像で見てみると歌はもちろんだが、老いたミュージシャンたちの語りとか表情とかが実にいいのだった。
彼らはたまたま死の間際(といってもいい時期)に「発見」されたが、すばらしい才能を持っているのに発見されずに死んでいく恵まれないミュージシャンはほかにもいるはずで、キューバの老いたミュージシャンを見つめながら「すばらしい才能を持っているのに発見されずに死んでいく恵まれないひとびと」という普遍的な人間像についてかんがえている自分に気づく。
たくさんのすばらしい歌い手が登場するなかで、イブライム・フェレール(Ibrahim Ferrer)とオマーラ・ポルトゥオンド(Omara Portuondo)がよかった。映画の頃の年齢は72歳と69歳あたり。ふたりとも(そして他の登場人物も皆)楽ではない人生を歩んできて、それが彼らの立ち居振る舞いと表情とに豊かな情感とともにあらわれている。彼らを見て聴き入りながら、彼らの人生そのものに入り込んでいく、あるいは引きこまれていく。
老人が歌うラブソングの切なさもわたしにとっては発見だった。老人もひとを好きになるが、社会は恋愛にふさわしい年齢区分を決めているからこのルールを外れるにはちょっとした勇気(あるいは世俗的な権力)が要る。しかし歌なら別だ。詩歌、小説、演劇、絵画、諸々の芸能と芸術の世界でも恋愛は想像力の中で生きつづける。
ライ・クーダーは掛け値なしにいい仕事をしたと思うけれども、これも西欧による非西欧世界の発見の一例なのだなと思っている自分もいる。そういう側面がこの「発見」にはあるのだ。彼らは発見し、価値を認め、メディアを通じて広めたが、西欧はここ何百年も、初期には植民地主義と手に手を携えて、こういう作業をつづけてきた。こういう文脈に『ブエナビスタ・ソシアルクラブ』を置き直してみるとかすかな憂鬱がある。
[PR]
by hatano_naoki | 2011-08-06 23:58 | 歌が私を・・・
前田敦子の孤独
AKB48の前田敦子には絶対エースとか絶対的エースとかの形容がつく。現時点でAKB48最大のスターであるのはまちがいない。
一方でファンのあいだに批判勢力があって、主にネット上で中傷がくり返されている。人気のあるアイドルにアンチが生まれるのはめずらしくないだろうが、盛り上がりがちょっと異様にかんじられる。彼女はなぜアンチに悩まされるのだろうか?
たまにみせるちょっとだるそうな、やる気のなさそうな態度とか、寝てばかりいるとか。彼女の態度や雰囲気にイラッとさせる要素があるのかもしれない。『情熱大陸』では「わたしを番組にしてもおもしろくないでしょ」というような意味のことを言っていたのがおもしろかった。そして番組の仕上がりは彼女が予言したとおりだった。
一連のバッシングを「傍聴」していて思ったのは、これはいじめの構造だなということだった。理由が明確にあったというのではなく、まず彼女を単純にムカつくとかんじる少数がいて、集団で(ここがすでに下劣なのだが)ひとりを攻撃しているうちにことばの共振で攻撃の度合いが強くなっていったというような。罵倒するにつれて自分が興奮してくる。汚いことばが自分を支配しはじめる。
まったくの想像だが、彼女の熱狂的なファンの絶対数はそれほど多くない。アンチはさらに少なく、たぶんごく少数にすぎない。その少数が大量の攻撃をおこなっているというイメージだ。

わたしの知る範囲ではAKBのセンターはフォーメーションとしてセンターを据えたいというプロデュース側の意図で生まれ、そこにまだ子どもといってもいい年齢の前田敦子がフィーチャーされたということらしい。それから運命のようにセンターとしてやってきて今に至っている。
前田敦子という個性は誤解されやすいかもしれない。大島優子のような明るさとサービス精神に欠けるし、思ったことをなめらかに口にするタイプでもない。そして働きすぎて疲れている。
それでもわたしは前田敦子からある種の感銘を受けている。ほかのメンバーにはない(というとおこられそうだが)ある要素を彼女がもっているようにみえるからだ。それはひとことでいうなら孤独である。やさしい母親がいて、AKBの創設以来苦労してきた仲間がいても、人間には孤独が生まれるのだ。それは彼女に内在するもので、外の世界との関係で生まれたものではないというふうにかんじられる。その孤独と戦っている気配、孤独と会話している気配があって、彼女自身も気づいていない深みのようなものがそこから生まれ、彼女に陰影を与えている。
そのような側面を持ったうえで、彼女はセンターに君臨する。百数十人もの人数から構成されるAKBのスターシステムのピラミッドの頂点にいるのだ。舞台のうえにいる彼女には孤独の影はみえず、ときとしてなまめかしい笑みを浮かべることすらある。
まあここに書いたことの全体が妄想にすぎないのだろうが、大衆は芸能人に対してなにかを仮託することができる。
[PR]
by hatano_naoki | 2011-08-05 22:32 | 歌が私を・・・
ゴーヤー
[RICOH GR Digital]
d0059961_15124321.jpg
[PR]
by hatano_naoki | 2011-08-05 15:12 | 写真日記