<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Google+のAKB48
Google+のAKB48をフォロー中。
現在フォローしているのは一部のメンバーだけだが、それでも彼女たちの意識や存在のしかた(らしきもの)は伝わってくるし、ほとんど答は返ってこなくともコメントのかたちで関わろうとするたくさんのファンの思考や行動が垣間見えてそれもおもしろい。
基本的にはおなじ時間を共有したいという意識。その意味ではコメント欄は多分にチャット的だ。深夜に同時間を生きるために睡眠時間を削り、睡眠不足で朝を迎えるファンがすくなくないにちがいない。
AKBのメンバーが終日、ほぼリアルタイムで行動の報告を書き込み、それにファンがコメントする。かんがえてみるとこれはかなりすごい。

彼女たちは舞台から降りてもファンの目にさらされている。そういうなかで、Google+上にもうひとつのAKB劇場が生まれ、まさに劇場型の空間が形成されてきている。こちらの劇場はいうなれば楽屋裏だが、外部に露出しているから表ということもできる。
ところで、こちらの劇場には台本がなく演出もないから、そこが危うい。
多数の十代二十代の女の子たちが自由に書きこむなかで、なにか起きるかは本当のところはわからないし、ちょっとしたことであっても大事になる危険性が内在している。
携帯で撮った写真をメンバーがアップロードするとあっという間に4万5万のアクセスがある世界なのだ。

最近はGoogle+上でのAKB関連の動き(具体的には秋元プロデューサーの発言とか)を報道に載せる大手メディアも出てきている。
そればかりでなく、無数のマスコミ関係者、いわゆる業界関係者、それからもっともっと怪しい連中までがネタを探してのぞき見しているにちがいない。
彼らがもっとも好むのは下世話なスキャンダルの匂いであり、そこにもっとも簡単にアクセスできるチャンネルとしてGoogle+のAKBが認知されているということだと思う。
Google+自体が危うい世界であるとは思わないが、AKBであるからこそ危うい。そういう場の緊張感はなかなかだ。しかしメンバーの彼女たちはなにも知らないふりをして無邪気なやりとりをつづける。そのあたりがどの程度意識されているかは、外から見たかぎりではわからなかった。

Google+上のAKBコミュニティからはまだスキャンダルは起きていないし、場の破綻も衰退もかんじられない。なにしろはじまったばかりなのだ。
しかしハラハラする。先はわからない。これからなにが起きるのだろうか?
[PR]
by hatano_naoki | 2012-01-30 22:22 | 日日
巨食症との遭遇
ある薬を短期間だけ服用した影響だと思うのだが、一時的に猛烈な食欲にとりつかれたようになった。

わたしの場合、ふだんの食生活はだいたいつぎのようなかんじだ。
朝起きて普通に朝食を食べる。パンとサラダとスープというような内容で比較的軽い。和食の場合もあるが軽めだ。
本当は重い朝食が好きで、とんかつだろうがうなぎだろうがOKで、むしろそういうのが好きなのだが、出されたものに不満はない。
ふつうなら次は正午あたりに昼食にする。重いことも軽いこともある。量は成人男性としてはすくないほうだろうと思う。
夕食は、時間は日によってちがう。六時から九時のあいだというかんじだろうか。米はふつうの茶碗に一杯程度しか食べない。

ところが、薬の副作用はすごかった。
ある日曜の場合はこんな具合だ。
七時、出された朝食を食べる。
だがなんとなく満足感がないので九時頃にやきそばを作って食べる。キャベツ多めで肉がちょっと入ったシンプルなやきそばだ。
十一時、今度は最近はまっている親子丼をつくる。冷凍してある鶏の胸肉を解凍し、たまねぎを切って鶏肉と一緒にできあいの出汁で煮て、卵でとじるという簡単調理だが、信じられないくらいおいしくかんじる。店で出てくるようなどんぶりにごはんを多めに入れ、たまねぎもたっぷりで、食後には満腹感で陶然となる。
午後一時、小腹が空いたというかんじでポテトチップスとコカコーラ。チョコレート。
午後五時、夕食までまだ時間があるので、お茶漬けをつくって食べた。
そして午後七時すぎ、やっと夕食。食後のデザートにはプリン。
午後十一時、またもポテトチップス。

衝動としての食欲とのはじめての遭遇。暴力的な食欲とでも表現できそうな、自分の食欲を制御できないという状況に直面したのははじめてだったかもしれない。
自分が暴走していることははっきりわかっていた。
しかし異常な食欲の原因が薬にあり、決して心理的な葛藤やそのほかの人間の闇から生まれてくるのではないと知っていたから、そういう状況はながくはつづかないはずだと思い、食欲をめぐる状況はかっこうの観察の対象となった。自分の状態に興味津々だったのだ。
まず、満腹感がない。というかいくらもつづかない。食べた直後はたしかに満足するが、すこし経つと普通の状態にもどり、こんどは空腹へと急降下する。
するとたべることばかりかんがえている。
そして食欲があるだけではない。
なにをたべてもうっとりするほどうまい。ちょっと狂気をかんじるほどだ。実際、みじかい時間であれ、狂気のなかにいたのかもしれない。

なにを食べてもおいしく、それも狂おしいほどにと表現しても過剰ではないほどの食欲にとりつかれたみじかい日々がおわると、食欲はすこしずつ元にもどっていった。はげしい食欲は翳り、色あせ、やがて消えてなくなった。
それからいくらも経っていないのに、思い出してみると、なんだか日差しの強い南の島にほんの何日かだけ行ってきて、その記憶を懐かしんでいるような気分だ。

ところで。
あれは本当に薬の影響だったのだろうか。
きつねがついていたということはないのだろうか。そうかんがえると、あれはきつねだったのかもしれないと思えてきた。
[PR]
by hatano_naoki | 2012-01-28 14:54 | 日日
長崎神社
椎名町駅前にあるマクドナルドの2階からすぐ前にある長崎神社を見ていると、ときおりひとが入っていく。
入口にある石の鳥居の手前で立ち止まって、ていねいに一礼してから鳥居をくぐるひとも少なくない。
それも老人ばかりでなく、中年くらいの年齢のひともいる。いや、20代の女性すらきちんと一礼してから入っていく。
日本人て意外に信心ぶかいんだという思いがけない大発見。
というか、オレがとんでもなく不信心ということかもしれない。
神さまはいるんだろうか。
[PR]
by hatano_naoki | 2012-01-28 09:57 | 日日
ニキシー管の幻惑
d0059961_19541429.jpgiPhone/iPod touch用アプリではあるが。ニキシー管、このうえなく美しい。
[PR]
by hatano_naoki | 2012-01-21 19:55 | ネットとデジモノ
WiMAXとWi2 300
WiMAXをつかいはじめて半年以上がすぎた。
導入前は、はっきりいってそれほど期待はしていなかった。サービスエリアが狭いという印象があったし、無線特有の不安定さも気になった。
しばらく使ってみて、結果としては満足している。速度はばらつきがあるが、おそくて困ったということはない。主に都内で接続しているのでつながらないという場面にはほとんど遭遇しない。仮につながらなければあきらめるというスタンスだ。
使ってみてかんじるWiMAXの最大のメリットは、いろんな意味でのしばりが弱いこと。
契約期間のしばりは、わたしの場合は1年しばりにしてあるが、これは納得できる範囲。そこそこ速度が出て、データ量の上限を気にしないで済むのも精神的にもいい。それと料金と速度のバランスをかんがえると現時点ではいい選択だと思う。
3月にDoCoMoがはじめる128Kbpsのサービスがなんとか使えるようならばWiMAXと組み合わせて使うのもおもしろそうだ。
最近は公衆無線LANサービス、Wi2 300(ワイツー)も使っている。
インターネットラジオが(混んでいるとき以外は)ほぼ聴けるのがなかなか便利だ。
現在は外ではBlackberryとiPodTouchの組みわせだが、いい具合に分業になっている。
[PR]
by hatano_naoki | 2012-01-19 06:58 | ネットとデジモノ
書籍版『沖縄勉強ノート』(仮題)を書く(15)
沖縄の原稿が(まだはっきりはしないものの)どうやら本になりそうなかんじになってきた。
大変にうれしい。
実際には手直ししたいところもあるし、あれこれまちがいがあったりもするはずで、不安な原稿ではあるけれども、とりあえず先がみえてきた。
具体化していくようならば写真や図版をできるだけ多く入れたいと思っているのでそれらを準備しなければならない。特に図版は書き起こすのに時間がかかる。
文章にしても、正確に書くという視点でいえば、あやふやな部分がずいぶんある。
これらを全部クリアするのに手間がかかるのはまちがいない。
いまは原稿に対して距離感ができているので、ひさしぶりに読んで他人の文章のようにかんじられた。これはいい傾向だ。
夏までには出したいものだが。
[PR]
by hatano_naoki | 2012-01-18 17:52 | 沖縄勉強ノート